自閉症(広汎性発達障害)の自宅療育の驚くほど効果的なやり方
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

自閉症の診断基準と検査について

あなたもすでに理解してもらっていると思いますが、
赤ちゃん時では診断がなかなか難しいのが自閉症です。

その診断基準というのは基本的には以下の3つです。

@意思伝達の質的な障害があるかどうか
A限定された、いつも同じような形で
 繰り返される行動・趣味・活動があるかどうか
Bコミュニケーションにおける質的な障害があるかどうか
 時間の概念が未発達だったり、
 自分と他のひとの区別や、
 自分自身の思っていること、
 他の人の心の動きなどが推測できない、
 などに加え、耳で聞くよりも目でみるほうが認識しやすい
 なども診断基準となります。

自閉症の検査には、
「絵画検査」「言語検査」
「行動検査」「発達検査」
があります。

本格的なものは病院でしか受けられないのですが、
ネット上には家庭でできるチェックリストなどが
用意されています。

もしかしたら…とお思いのかたは是非一度
チェックしてみてください。

ただ、スペクトルだということは忘れないでください、
健常者との境目はないということです。

だれでも、自閉症の要素は持ち合わせています。

スペクトルです。
これは必ず覚えておいてください。

現在でも自閉症の根本的な治療法
はまだないそうです。

「オキシトシン」が良いという話もでていますが
まだはっきりしてはいません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。