自閉症(広汎性発達障害)の自宅療育の驚くほど効果的なやり方
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

自閉症には原因があるのか?

一口に自閉症といっても症状の
現れ方はいろいろです。

自閉症は脳機能の障害や発達が未熟が
原因で起こるもので、その特徴は様々です。

・あやしても笑わない
・光や音に敏感
・体を常に動かしているなどなど、

自閉症は社会性や他社とのコミュニケーション
能力の発達が遅れる障害の一種で、
先天性の脳機能障害です。

保護者や教育の生まれ育った環境が
原因で自閉症になることはありません。


自閉症は1000人に1人〜2人の発生率で、
男女比は4:1だそうです。

男の子のほうが発生率が高いんですね。

言葉の発達が遅い、行動や興味の範囲が極端に狭い、
人とのコミにケーションが上手く取れない(笑わないなど)。

同じ行動を繰り返す…

上記の特徴は、自閉症に見られるものです。

赤ちゃんは3ヶ月頃になると
あやすと笑うものです。

(個人差はありますが…)

神経質な子だったら少しの光や音にも
過剰に反応するかもしれません。

低月齢の頃には目が合わない
こともよくあります。

よって赤ちゃんのときに自閉症かどうかを
見分けるのは非常に困難で、たとえその疑いが
あっても2〜3歳くらいにならないと診断が
下せないことがあります。

私たちにできるのは、赤ちゃんをよく観察し、
少しでも疑わしいことがあれば自己判断せず
周囲に相談したり、病院へ連れて行って
あげることです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。