自閉症(広汎性発達障害)の自宅療育の驚くほど効果的なやり方
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

自閉症の子の面倒をみてくれる、保育所や幼稚園

自閉症の子供がいると悩みが耐えません。

毎日のように何かが起きます。

でも、ひとりで抱え込まないでください。

自閉症の子の面倒をみてくれる、
保育所や幼稚園があります。

保育士さんや幼稚園教諭は、自閉症について、
大学できちんとした教育を受けているので、
安心して預けられるでしょう。

自閉症の赤ちゃんを持つお母さんたちの
コミュニティに入るのもよいでしょう。

インターネットで近くのコミュニティを
探してみてください。

6歳になったら、小学校へ通学することになります。 

子供の状態に応じて、
・養護学校
・障害児学級
・特別支援学級
・普通学級
のいずれかに入ることになるでしょう。

同じ年代の子供たちと、一緒に遊んだり、
勉強したりすることができます。

学校やお医者さんと、相談してみてください。

学校の先生も、自閉症については大学で教育
や研修を受けています。

いずれにせよ、専門家との連携が、
自閉症児を育てて行く上で大切になります。

その後のことも、専門家と相談しつつ、
その子の適正に応じた学校、
職業につくというのが肝心です。

社会に出た自閉症者は一旦仕事
のやり方を覚えたら、ミスやムラなく、
信頼できうる働き手となる場合がある、
という現場の声を、見逃してはなりません。

自閉症児の親たちは、
「毎日奇想天外なことをやってくれて、面白い」
「この子を産んでよかったと思う」
といいますし、私も迷わずそう答えます。

自閉症児は、他の分野で知能の遅れがある分、
ある特定の分野に素晴らしい能力を発揮するのは、
前に述べた通りです。

そういう意味で、
自閉症はひとつの個性なのかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。