自閉症(広汎性発達障害)の自宅療育の驚くほど効果的なやり方
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

子供が自閉症と言わて、まずすべきこと

私の子供そうですが、自閉症については、
「自閉症スペクトラムにはいっていると思います」

というようなことを言われると思います。

しかしながら、親の様子を見て
受け入れられなさそうな親については
はっきり言わない場合もあるそうです。

いずれにせよ、いくつも病院を回ったあげくに
「自閉症スペクトラム」
そう告げられれば、悲しみに暮れる間もなく、
目の回るような忙しさが続きます。

まず、家庭内の問題を解決しなければなりません。

仕事についているご両親のいずれかは、
仕事をやめて、子供中心の生活リズムを
つくるのがよいです。

ここは重要です。

自閉症は残念ながら治ることはありませんが
症状を緩和する、いわゆる療育をしていくことは
できます。

私もしていますが、それはとても共働きで
行っていけるほど甘いものではありません。

そこは最初に覚悟しないといけないことです。

自閉症の子は、生活リズムを乱されることを
嫌いますから、大人のほうが合わせるのは
大変です。

夜中の2〜3時まで寝ないとか、
意味もなく泣き続けるとか、
親の後を追いかけないので外に出たら目を放した隙に
どこかに行ってしまうとか、

ほんとうに、思いもしない事態に
なります。

なので、子供中心の生活スタイルをつくる
ということをまず行ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。